水を入れるだけでお湯が沸く「HOTPLUS」

「水」を入れるだけでお湯が沸く?どこでもアツアツの食事ができる”魔法のバッグ”

「水」を入れるだけでお湯が沸く?どこでもアツアツの食事ができるHOTPLUS

 

 

 

食品の「温め」や「湯沸かし」ができ「給水袋」としても使えるマルチバッグ

HOTPLUSは火を使わず、発熱剤と水が合わさることで起こる高温の蒸気により安全に食べ物や飲用水を温める事ができます。
いつでもどこでも温かい食事が可能な上、水の持ち運びにも使えるマルチバッグです。

HOTPLUS

 

「温め」「湯沸かし」「給水袋」・・・1枚3役のマルチバッグ

発熱剤に水をかけるだけで高温の蒸気が

発熱剤は酸化カルシウムやアルミニウム粉末を主成分としており、水と反応すると一定時間高温の蒸気が出続けます。
ホットプラス マルチウォームバッグはこの発熱剤から出る蒸気の熱を利用し、バッグ内の食材を短い時間で温めます。

バッグ内に「発熱剤」「食材」「水」の3つを入れたらあとは待つだけ。
火災などの心配もなく、火の使えない場所でも安全に食べ物を温める事ができます。※1
バッグは食品衛生法に合格済みですので、安心してお使いいただけます。

蒸気を排出する蒸気穴を側部の最適な位置に配置することで効率良く加熱する事ができます。
またコンパクトボディ&密封機能を備えたハンドルは持ち運びにも便利です。
アウトドアや断水時には簡易的な「給水袋」として水を持ち運ぶ事ができます。
(加熱層に水を入れることで最大1.8リットル程度の水が持ち運べます。※発熱層に水を入れると蒸気穴から水が漏れる事があります。)

 

2層構造採用で極めて衛生的に

HOTPLUSは発熱剤を入れる「発熱層」と食べ物を入れる「加熱層」とが分かれた”特殊2層構造”だから、発熱剤と食材が直接触れることなく極めてクリーンに温めることができます。

発熱剤と水、加熱する食材を入れたら開口部を折り曲げ、ハンドルの先端を差し込みスライドします。
2層をワンアクションでしっかり密封できます。

 

2層構造だからできること

食材は裸のまま温めOK

ラップに包んだおにぎりも、卵やとうもろこしなどの裸の食材もそのまま加熱でき、加熱用のジッパー付き耐熱袋などを準備する必要もありません。
レトルトパックや食品の包装容器に発熱剤や反応水が触れず、極めてクリーンで安全に温められます。
(食品衛生法試験に合格しています。)

 

加熱層で「お湯」が沸かせます

カップ麺の調理やコーヒー、スープなど寒い冬でも体の芯から温まるために必要な「お湯」を、どこでも安全に沸かすことができる優れもの。
加熱容器などに入れ替える必要もありません。
また、1度に最大1.8ℓのぬるま湯がつくれ、アウトドアや災害時の赤ちゃんの清拭用のお湯などに幅広く利用できます。(備蓄用2ℓペットボトルもムダなく加熱できます。)※2

 

沸かした「お湯」はそのまま注げます

バッグの端に切り取り式の注水口を設けており、まるでポットで沸かしたお湯のように安全に注ぐことができます。
発熱剤や反応水に一切触れず、沸かしたお湯だけが注げるのでカップ麺や即席スープなどの調理に安心してお使いいただけます。

 

飲用に適していない水も使えます

発熱層に注ぐ水は食材と一切触れる事がありません。
わざわざ発熱用に飲用水を準備する必要はなく、あらかじめペットボトルなどに溜めておいた水や川の水などでも衛生的に加熱できます。
(加熱層に注ぐ水は飲用に適した水をご準備下さい。)※3

 

アウトドアや災害時などいつでもどこでも大活躍

「沸かす」+「衛生的に温める」でとっても幅広く

「温める」だけでなく「沸かす」「蒸す」ができるから活躍の場も無限大。

”温めると美味しいもの”や”温めなければ食べられないもの”などHOTPLUSならこれまでの選択肢を大きく広げます。※4

 

「いつでも使える」+「どこでも使える」

加熱袋や発熱剤など「加熱セット1回分」は全部合わせてもたったの約200g。
手軽に持ち運べて火を使わないHOTPLUSなら公園などでも安全にお使い頂けます。お花見や魚釣り、登山など寒い屋外での使用にも最適です。※1

 

「災害時に必要とされる製品」に認定

一般社団法人防災安全協会が認定する「防災製品等推奨品」※5は、消防や医療、防災などの有識者や危機管理のプロフェッショナルにて構成される「防災製品等推奨審査会」によって、災害時に安全に使用でき必要であると認められる製品を推奨する認定制度です。
HOTPLUS マルチウォームバッグは審査会において災害時における必要性や安全性、優れた性能を高く評価され「推奨品」として認められています。

 

“ほっ”と安心をもっと”プラス”

蒸気に直接触れず安心
ジッパー付き袋は開封時に手や指に直接蒸気がかかるため、食材を取り出す際にやけどの危険性が高く、軍手なども蒸気が通り抜けてしまいます。
ホットプラスはハンドルで密開封するため、開封時のやけどの恐れが非常に低く、発熱層の蒸気も直接手に触れずとっても安心です。※6

 

真空包装で長期保存でも安心
ホットプラス専用発熱剤は備蓄などで安心して長期保存できるよう真空包装を採用。5年間の長期保存が可能です。

 

わずかなスペースに大きな安心
食品棚や本棚、クローゼットの隙間など空いたスペースに保管でき、嵩張りません。
災害などに備え、常に家族の人数×食事の回数分ホットプラスを準備しましょう。

 

使ったあとも安心
アウトドアなどで使用したバッグはそのまま中にゴミを入れて密封し持ち帰ることができます。
持ち運びに便利なハンドル付きで発熱剤や残り水、食べた後の食材の包装などでカバンが汚れる心配もありません。※7※8

 

温めるものを入れたら、封をして待つだけ - HOW TO USE –

① 発熱層に発熱剤を入れる。

 

② 加熱層に温める食べ物を入れる。
※お湯を沸かす場合は加熱層に水を入れます。


③ 発熱層に水を入れる。

 

④ 余分な空気を抜き封をして待ちます。
※お湯は約10~15分、食品は約15分~20分で温まります。

 

温め完了!
やけどに注意して食材を取り出します。

 

製品仕様

加熱試験

 

HOTPLUS及びホットプラスは有限会社山本商事の登録商標です。
※1 ご使用関してはご使用になる施設管理者等の指示に従って下さい。
※2 加熱水温の目安は「よくあるお問い合わせ」の試験資料をご確認下さい。
※3 誤って飲用に適さない水を加熱層に注入しないようご注意下さい。
※4 加熱する食品の形状や状態、調理する食品の容量などの条件によって、加熱または調理が不完全となる場合があります。
※5 防災製品等推奨品は一般社団法人防災安全協会の登録商標です。
※6 当社実験等による評価。
※7 使用後の発熱剤を含みハンドルで封をする時は完全に発熱剤の反応が終わっている事を確認し封して下さい。(反応が終わっていない場合袋が破損場合があります。)
※8 使用後にハンドルで封をする時は蒸気排出穴及び注水口よりも下部で封をして下さい。

 

 

お問い合わせはこちら

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    関連記事

    ページ上部へ戻る