東京都帰宅困難者対策条例施行にむけて企業・団体さまに防災・備蓄セットのご提案

事業者様へ

平成25年4月から東京都帰宅困難者対策条例が施行されます。
この条例は、災害時に一斉帰宅を抑制することを目的とする条例で
都民には「災害時にむやみに移動を開始しない」ことを、
そして事業者には、
①施設の安全を確認した上で、従業員を事業所内に留まらせること
必要な3日分の水や食料などの備蓄に努めることを求める条例です。
従業員向けの備蓄例として3日分の水・食料・毛布を備えることを推奨しています。
(首都直下地震帰宅困難者等対策協議会)

災害に備えて是非ご検討ください。

 


 

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

関連記事

ページ上部へ戻る