保存水 5年・6年・7年・10年

img01

南海トラフ地震や、災害時の帰宅困難者対策に備えて

南海トラフ大地震は50年位内に90%の確率でおこると言われています。
被害想定では、断水被害が3440万人にものぼるという試算が発表されました。
災害初期段階にはライフラインが断たれ電気、ガス、水道が使用出来なくなる可能性が考えられます。
蓄えておく事が出来にくい電気・ガスとは違い、水は保存が出来ます。
生命の維持、食べ物の調理、衛生面での使用と命に関わる側面が強いのでなおさら保存しなければいけません。通常小売店、量販店で出回っている市販の水は大抵2年の賞味期限となっております。こちらでは5年から10年の保存水をご用意しました。

 

スーパーセーブ  5年保存水

 

スーパーセーブ  6年保存水

 

7年保存水  KFG 純天然アルカリ保存水


長期保存水について

10年後も成分が変化しない!
 「純天然アルカリ保存水」は、数百年~数千年の歳月をかけて地下300mから噴出した不純物をほとんど含まない高品質な地下水を使用。
外気に触れることなく無菌状態でボトリングしているため、公的機関での分析検査の結果、10年経過した製品の「pH」「硬度」「ミネラル成分」も全く変化が無く、不純物も検出されていません。当時の品質とおいしさがそのままだから7年後も安心してお飲み頂けます。※分析機関:財団法人 日本食品分析センター

★島根県産だから安心・安全
島根県金城(かなぎ)町は、地理的にも気候的にも変化に富み豊かな大自然が育まれています。そんな大自然の中から生まれたアルカリイオン水だから安心・安全。公的機関での分析検査でも放射性ヨウ素・放射性セシウムは検出されていません。※分析機関:財団法人 日本食品分析センター

★強化ダンボールだから長期保存が可能!
長期保存の際の湿気や衝撃対策として強化段ボールを使用。およそ410kgの負荷にも耐えることが出来ます。

 

純天然アルカリ保存水 おいしさの6つの秘密

①非加熱アルカリイオン水

・地下300mの花崗岩のミネラル分をたっぷり含んだ本物のナチュラルミネラルウォーター(鉱泉水)。
・原水が高品質なため加熱殺菌の必要がなく、口当たりとのど越しが良く、自然そのままのおいしさが楽しめます。

②自然が作ったpH8.2~8.4

・酸性に傾きがちな身体のバランスをとるのに最適なアルカリ度です。
・人工ではなく、自然が作ったアルカリイオン水は、天然のミネラル成分がバランスよく含まれているため、数年経ってもpH値が変化しません。

③炭酸水素イオン

・純天然のアルカリ保存水の炭酸水素イオンの含有量は81.1mg/Lと日本でもトップクラス。
※炭酸水素イオン…体内に混入した活性酸素を中和して炭酸ガスと水に変え、身体のpHをコントロールするための緩衝機能を果たすといわれています。

④クラスター(水分子集団)が小さい

・純天然のアルカリ保存水のクラスター値は60Hzで、水道水の半分以下。
・細胞の隙間をぬって浸透するため、身体への吸収性が非常に高い。
・膨潤作用(ものをやわらかくする作用)が強く、料理に使えば素材の味がよくしみ出します。

⑤硬度40~45 抜群のミネラルバランス

・まろやかな軟水で、日本人の身体・食生活にピッタリ。
・飲用だけでなく、お料理やお茶・コーヒー・お酒の水割りにも最適。

⑥日本有数の「高波動水」

・純天然のアルカリ保存水は「日本でもトップクラスの高波動水」であることが専門検査機関で実証。
※波動…全ての物質が持つ微弱なエネルギーのこと。波動の高いものを摂ることは健康維持に良いといわれています。

 

ブランド名:純天然アルカリ保存水
容量:500ミリリットル
入数:24
上代:¥220/本(税別)(1CS24本入り)
商品保持期間:84月
発売年月:2012年10月
原産国:日本
生産都道府県:島根県

gaikanhako

格安にてご奉仕中!

 

10年保存水  ピュア鉱泉  飲む温泉ベール


備蓄用保存水として、長期間保存可能(10年間保存水)です。
「入れ換えの手間が短縮される」と重宝されております。
『無加工・無添加』自然のままの保存性の高い水です。
加速試験(苛酷試験)ではなく、実年月にて10年間保存はもちろん、
15年間と1ヶ月保存した商品を分析依頼し飲用適合に合格した保存水です。

 

10年保存水  あんしん水

10年の長期保存ができる
あんしん水

10年間、安心・安全が続く備蓄用飲料水です。
飲みやすく体に優しいので、赤ちゃんからお年寄りまで安心してお飲みいただけます。
水質も放射能汚染も心配なく、備蓄コストも抑えられます。

 

 

お問い合わせはこちら

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

ページ上部へ戻る